トップページ > 施工中 > 土木施工中 > 竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています

施工中
underway

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
鹿児島本土側を向いた竹島港出入口の沖に並ぶ防波堤(ケーソン1函分(延長20m)を増設する工事内容になります。港の中に外海から入るうねりを防ぐ目的で作られフェリー等の安定した接岸に寄与します。

工事名称

平成29年度 竹島港改修工事

工事場所

鹿児島郡三島村竹島地内

発注

三島村

工期

H29.7.5~H30.5.30(工期延伸)

概要

防波堤:基礎工(基礎捨石)12249m3
   :本体工(ケーソン)据付 1函
   :被覆・根固工(10~20t) 132個
   :被覆・根固方塊ブロック製作
     (30t)10個(鹿児島港にて)

関連する施工現場

ただいま鋭意施工中です!

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
沖堤防の総延長90m(ケーソン5函分)になります。ちなみにケーソン1函分の大きさは幅25m、高さ最高部23.5mあります。別発注で谷山港で製作されたケーソンを海上輸送(回航)して現場に据付けます。

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
現場で作業中の起重機船(ブロックやケーソン等の構造物設置また製品等の運搬と吊込み作業を行います。港間の移動でも船員が不自由なく滞在できるよう居住性が保たれています)

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
潜水士船。潜水士の移動、空気の供給、水中の石吊作業を行えたり 常に地上と交信を行っています。ケーソンを据付ける位置の基礎捨石の均し作業を行っています。

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
竹島・硫黄島・黒島の三島を結ぶ村営船「みしま」。竹島港から鹿児島港は最短3時間で移動できます。

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
10月には連続して台風が発生し、台風22号は九州南部を北上しました。竹島港へも猛烈なしけとなって影響があり、台風の通過後には北西風が吹きだし一気に肌寒くなりました。

竹島港(三島村)で港の改修工事を行っています
12月 冬場は天気にかかわらず、風やうねりの発生で海上での作業が出来なくなります。波高が1m以上とばれば作業中止の基準となります。(波高2mの様子)

トップへ戻る