トップページ > 施工中 > 土木施工中 > 南部幹線ほか改良工事(その22)

施工中
underway

南部幹線ほか改良工事(その22)

南部幹線ほか改良工事(その22)
鹿児島市最大の下水道処理施設能力を有する南栄町の南部処理場にほど近い東開町での管更生工事(SPR工法)になります。標準耐用年数50年といわれる下水道管路等の老朽化は管破損や腐食による強度低下などが確認されており本工事に代表される管路施設の長寿命化・耐震が事業として行われているところです。管更生工法とは既設管内に新たな管を製管し、新しい管と既設管との間隙にモルタル等を充填して複合管を構築する製管工法になります。その中でも発注者の要求に適合する製管材料 裏込材料 施工中の条件(水深や流速)をすべてクリヤして県内でも施工実績の多いSPR工法を採用します。現場となる南部幹線は鹿児島市で一番大きい汚水管(直径2.4m)で流量も多いので、下水流量の少なくなる深夜の限られた時間での作業を実施しております。(写真は朝4時頃の流量)

工事名称

南部幹線ほか改良工事(その22)

工事場所

鹿児島市東開町ほか

発注

鹿児島市水道局 下水道部 下水道管路課

工期

平成29年12月18日~平成30年3月15日

概要

南部幹線
 管更生工法 既設管径2400㎜ ⇒  更生管径2180㎜
       製管延長50.0ⅿ
伊敷城西幹線
 管更生工法 既設管径1200㎜ ⇒  更生管径1100㎜
       製管延長5.5ⅿ 

関連する施工現場

ただいま鋭意施工中です!

南部幹線ほか改良工事(その22)
下水道管内は酸素不足やガス発生の恐れがあるため大気測定を実施するとともに作業中は大型の送風機を使って強制的に新鮮な空気との入れ替え作業を行っています。

南部幹線ほか改良工事(その22)
マンホールに入る大きさに分解した製管機を施工箇所で組み立てます。フレーム上を駆動するローラーにのプロファイルを導きプロファイル同士がかん合され管を成型していきます。

南部幹線ほか改良工事(その22)
地上部での更生管の材料(プロファイル:幅79㎜厚3.4㎜)供給状況です。帯状になった材料を製管を行っている管内へ送り込んでいきます。

南部幹線ほか改良工事(その22)
プロファイルを供給しガイドフレームに沿って整形しながら製管して進んで(自走)いきます。水深は60㎝程度です。

南部幹線ほか改良工事(その22)
製管が終わると裏込め注入します。注入時には更生管の浮上や変形防止のため更生管内に支保工を設置します。

南部幹線ほか改良工事(その22)
流入流出部の管周りの仕上げを行って完成します

トップへ戻る