トップページ > 工事現場レポート

工事現場レポート
report

工事現場レポート

◆5 とりこわしていきます

こんにちは 😎 

え~と毎日暑い日が・・・と言うか

毎日激アツです。・・・(・∀・i)タラー・・・ 

現場事務所から外出た瞬間・・ムッ・・アツ

現場まで歩くだけで、グテ~(-∀-`; ) です

 

現場のほうは今週から本格的に

とりこわし」作業に入りました

 

近隣住民の方や学校関係者の方には

工事の音などで

朝から大変ご迷惑をお掛けしております。

 

ところで「とりこわし」では

今まで使っていた既存の仕上げや下地材を撤去

して行きます。

いらないのは処分して、また今までの仕上材に色を塗って

使用したりします。

 

とりこわしで難しいのは、いかに職人さんに

壊して良いもの

一旦取り外して再利用するもの

そのまま残すもの

伝えるのが非常に難しいです

 

間違って壊してしまうと・・

あっそれ残すやつ・・・(;゚д゚)アッ…. 

えっ !(・∀・;) マジ・・・・・・

 

という風になります。

このようなことを頭にいれてこれから

見る写真をご覧あれ 😛 

 

↓とりこわし前の1階 保険室

36

 

↓ とりこわし作業風景です

37

この写真の左の壁はそのまま残して

「再度壁の仕上げ」を行います

そこで当現場では

新入社員の元平くんに色分けでわかりやすく

表示を作ってみてと頼んだら、こんなの

出来ました 😛 

53

なかなかのセンスだ (b≧∀)グッド♪

これで色テープを「ペシッペシッ」貼り付けてと 🙂 

 

↓今度は手洗い流しの撤去です

38

 

↓ はつり作業と言います(この時はダッダッダッ!とうるさいです)

39

 

↓ 元平くん工事写真を撮ってます 😀 

40

 

↓ これから片付けです

41

 

↓ 1階便所

42

43

44

 

45

 

↓ 壁のタイルは分別して出しますので分けてはつります

48

↓ タイルだけきれいに撤去 職人技ですな!

49

指令「部屋名」表示を考えよ!

職人さんが部屋や階段1と2と間違えないように

  元平くんに指令だすと、階段表示がなにやら変わった

  感じ(。´・ω・)ん? 

  なんでも「バス停」をイメージしたみたい

↓ 斬新だ.+゚*。ワォ!!(゚∀゚屮)屮.+゚*。   

50

 

↓「部屋名」こんなの出来ました 😛 

 丁寧にラミネートを貼る元平くん

51

 

↓ 彼の真面目な性格が出てるなぁと思いました

 テープの角・角がピッタリあってる 😀 

52

そして「下の隣あう部屋名良く考えたね」と聞くと

元平くん「駅のホームをイメージして作りました!」

なるほど (*>∇<)ノ ァィ♪

 

ではまた 🙂   監理技術者  松下 哲也

◆4 仮囲いあらわる!

こんにちは 🙂 

今日から小学校夏休みということで

この日より工事が本格的にはじまりました

まずは「仮囲い」という作業

↓ まだ途中ですがこんな感じのものです

(白い壁のやつ)

24

大変心苦しいのですが、

今回の工事はグランドにどうしても仮囲いを

設置しないと作業出来ない為、

児童達や学校関係者の方には

グランドが狭くなって申し訳ないです

いっぱい、思いっきり遊びまわれなくてゴメンね

 

こんな感じで職人さんが組み立てていきます 😛 

↓ 単管を打ち込みます(右の方は親方です)

ちなみにお子さんは中山小出身*゚・:。ワァ(・∀・)オ。・:゚* 

25

 

↓ クランプという金物で単管を固定します

26

 

 

ここで、ちと引きで写真撮ろうかと思ったら

デカ!!ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 

↓ めっちゃ背の高い「ひまわり」・・・

と・・コラボ(笑)

27

 

↓この日はここまで

28

仮囲いの目的は

・工事期間中の関係者以外の立入禁止

・外部と内部の安全確保

・工事中の資材やホコリなど外に飛ばないように

・資材や道具の盗難防止

などなどです

29 

 

↓ ところどころに透明な板を設置してますので

 中が丸見え 😛 

 入り口横は全部透明にして、

 児童達の動きが中の運転手にも

 わかるようにしてます。

30

 

↓ 児童達も興味津々なので、覗けます

31

 

↓ 内側はこんな感じ 🙂 

32

この中にトラックやクレーンを設置して作業行います

 

今日は朝からグランドでは元気な子供達が

ソフトボールの練習してましたが、

監督さんと工事の説明ついでに

練習風景を拝見 😀 児童達はというと

中山ソフトボールスポーツ少年団の皆さん

監督さんに「エースの子はどの子ですか?」

監督「この子です」

めっちゃ!早い球

監督「これでも7割くらいですよ」サラッ・・・

アハハ・・・・・・(・∀・i)タラー・・・ 

隣では、大人顔負けの剛速球ピッチングマシーンを

ジャストミートする6年生の男の子・・・

たしか・・・

35

 

納得・・・Σd(≧ω≦*) グッ

今年は新型コロナウイルスの影響で全国大会が

中止になったとのこと

それでも元気に動き回る子供達見て頑張ろうと思う今日この頃

 

昨日のパシャッ📷(4階音楽室より)きれいな夕焼けじゃった

33

 

ではまた 😛   監理技術者  松下 哲也

◆3 黒板ギャラリー

こんにちは 🙂 

だいたい工事始まる前に「着工前」という写真撮るのですが

その前に1階から4階まで各部屋を見てまわると

児童達のいろんなメッセージや思いが黒板に

さりげなく書かれていました。 😛 

なんかいいね Σd(≧ω≦*) グッ

中山-15

中山-20

中山-21

中山-22

中山-23

 

本当は解体する壁や床に思いっきり教室の思い出を

マジックや絵の具で描かしてやりたかったけど

新型コロナの関係上難しかったなぁ・・・

 

そんなに教室「愛」があるのなら

普通教室の着工から出来上がるまでを

3階の4年4組の教室(現在5年生かな)で

写真定期的にUPして行きます。( ・`ω・´)キリッ

 

↓ 正面(黒板側)

中山-16

 

↓ 廊下側

中山-17

 

↓ 後ろの壁

中山-18

 

↓ 窓側

中山-19

新しい教室になるまで楽しみだね  ( ◠ ◡ ◠ ) 

ではまた 😀  監理技術者  松下 哲也

◆2 工事看板つけました

いや~昨日の雨は、でげな降ったど ・・・(・∀・i)タラー・・・ 

現場も朝から突然暗くなって、土砂降りザァーザァー降りだす始末

前日に現場代理人の岩切さんと、新入社員の元平くんで

↓ 門の横に工事看板を付けてもらいました。(暑い中2人ともお疲れ様でした)

中山-5

 

結構・・・取付ました 😀 

中山-6

中山-7

 

↓ ①工事看板です

中山-8

 

↓ ②法令標識・施工体系図

中山-9

 

↓ ③作業内容のお知らせ・工事の説明

  (今回新たに作ってみました)

中山-10

 

↓ ④ 工事現場レポート 

   スマホでQRコードを読み込みますと、

   すぐこのページに飛びます

   d(*´▽`*)b ベリーグッチョ♪

中山-11

 

↓ ⑤ 新型コロナウイルス対策

中山-12

 

↓ ⑥ 工事の説明看板

中山-13

 

↓ 今回の工事の流れはこんな感じです。

  写真付きだと、わかりやすいと思いつけました

  これだと児童達にもわかってもらえるかな  

  Σd=(・ω-`○)グッ♪

中山-14

 

ではまた 🙂  監理技術者  松下 哲也

◆ 1 中山小学校校舎改修工事始まります!

はじめまして!この度、鹿児島市発注の中山小学校校舎20号棟長寿命化改修その他本体工事を

担当します、丸福建設㈱です(^▽^)/

 

これから工事の様子を、工事の完成を楽しみにしている学校関係者や保護者の皆さん

全校生徒1,435名・・・♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!! 

の児童たち、そして近隣住民の方に

できるだけ工事専門用語で攻めながら(笑)わかりやすくお伝えしようと思いますので

たまに・・・脱線するかもしれませんが暖かく見守ってご覧ください。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 

工事名:中山小学校校舎20号棟長寿命化改修その他本体工事

工 期:令和2年6月30日 ~ 令和3年2月26日まで

工事担当:松下・岩切・元平

 

↓ 工事場所となる校舎です

中山-1

中山-2

中山-3

中山-4

ではまた 😀 監理技術者  松下 哲也

 

 

 

谷山駅周辺地区区画道路擁壁築造工事(その4)・・5月

DCP PHOTO
杭上に逆T型擁壁のフーチングを構築します。擁壁の仕上り天端は道路に面するガードレールの基礎にもなります。

DCP PHOTO
擁壁の壁も2回に分けて施工していきます。水中部となる部分の完成を優先して施工していきます。

DCP PHOTO
川に面する方にはブロック積を施工します。こちらも水中部となる部分を施工し河川の締切り矢板を撤去できるようにしていきます。

created by dji camera
6月は梅雨を迎え河川の降水期になります。河川内の支障となっていた鋼矢板の締切りを撤去し、地上部の残りの作業を続けます。

第一古里川砂防施設改築工事

DCIM100MEDIADJI_0505.JPG
第一古里川上流に位置する3号堰堤(着手前)。堰堤の腹付(堰堤前面に幅+2m)や嵩上げ(+50㎝)を実施します。

概要

工事名称 令和元・2年度第一古里川砂防施設改築工事
工事場所 鹿児島市古里町地先
発注 国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所
工期 令和元年10月31日~令和2年7月31日
概要  土工、擁壁工、護岸工、仮設工、構造物撤去工

コメント

桜島南部に位置する第一古里川に既存する1号堰堤及び3号堰堤の嵩上げや堰堤の腹付を行う砂防施設の改築工事になります。現在噴火が活発な桜島昭和河口から約2.5㎞しか離れていない場所での作業になり、火山ガスの発生や噴石の飛来の影響を受ける環境下にあります。よって作業中は常時火山見張員により火口を監視し、ガス検測や降雨による土石流の発生把握の気象情報の収集を行う中での作業となっております。

7_Ro
堰堤の嵩上げに用いる型枠には残存型枠(コンクリート製で躯体コンクリートと一体となり脱枠作業が不要)を使用します。

10_Ro
コンクリートの打設に先立ち、吊り込み作業で2段分(h=1.2m)の型枠組み立て作業を行います。(組立途中の状況)

Exif_JPEG_PICTURE
腹付する既設堰堤打継面の付着をよくするため、はつり処理が計画されていましたが品質向上や省力化に寄与した繊維補強ポリマーセメント系接着剤を塗布する工法に変更して施工します。

9_Ro
腹付コンクリート打設は残存型枠の天端付近まで実施します。所定の高さになるまで一連の作業を繰り返し仕上げていきます。

4_Ro
堰堤嵩上げに伴い既設堰堤天端になる部分は大型機械を用いた(はつり)チッピング処理(深さ6㎝)を実施しています。

トップへ戻る