トップページ > 施工中 > 土木施工中 > かごしま国体会場(庭球場)工事について

施工中
underway

かごしま国体会場(庭球場)工事について

かごしま国体会場(庭球場)工事について
2020年に開催される「燃ゆる感動かごしま国体」に伴い、各種競技会場の整備が進んできておりますがテニスの会場となる鴨池公園内の庭球場施設整備工事を受注し施工しております。コート及び観覧席の増設に伴う排水施設工事や電気管路配管などが整備されています。またテニスコートが全体で2面分増えたことにより全体で16面すべてのテニスコートが新しく更新されます。工事期間中は関連工事に携わるすべての会社のスタッフが協力し合い、知恵を出しあい助け合ってテニスコート作りをしていきます。  7月初旬工事着工時(28-10工区) 左側全面の範囲で既存のテニスコート改修し、同時に写真手前側にコートを1面増設します。

工事名称

かごしま国体会場施設整備工事(庭球場28-10及び29-1工区)の2件

工事場所

鹿児島市与次郎地内 鴨池公園

発注

鹿児島県 鹿児島地域復興局

工期

平成29年6月19日 ~ 平成30年1月31日 工期延伸

概要

28-10工区
排水構造物L=238m 南側観覧席一式
構造物取壊工一式 管路敷設工L=1175m

29-1工区
路盤工 2002m2 上部,下部基礎工(AS)2005m2
表層工 2005m2 施設工一式 (コート3面分)
工期延伸 

関連する施工現場

ただいま鋭意施工中です!

かごしま国体会場(庭球場)工事について
9月末 側溝や擁壁を延伸しテニスコート内部(土工)を仕上げました。コート外の周辺(フェンス,掲揚台等)工事へ移ります。

かごしま国体会場(庭球場)工事について
10月 表層を行う29-1工区へ引継ぎ 南側8面のテニスコートを弊社(写真右下3面分)を含む3工区(3社)に分割され発注されました。

かごしま国体会場(庭球場)工事について
路盤工は情報化施工(位置や高さの情報を常時、重機に伝えて機械制御する)を採用し、効率よく精度の高い、又少人数による重機災害に軽減できる施工法で実施しました。

かごしま国体会場(庭球場)工事について
上部、下部基礎工(アスファルト舗装)の施工状況。平坦性の向上を目的に 温度管理、施工継目、割付、適正な速度等に留意しました。

かごしま国体会場(庭球場)工事について
表層工はフィラー層 下地層 ラバー層 カラー層等 10層からなるのコーティング工程で仕上げていきます。30年1月ゴムチップを含んだ層を施工したことで足元への柔軟な感触が変化した事に気付きます。

かごしま国体会場(庭球場)工事について
北側8面を含むテニスコートの全景写真。 表層の構造や配色はUSオープンやオリンピックで採用されたメーカ仕様になっています。2月初旬完成検査予定です。

トップへ戻る